近鉄エクスプレス/ベルギーから関空へ新型コロナワクチン輸送

2021年07月05日 

近鉄エクスプレスは7月5日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの輸送について発表した。

<輸送の様子>
20210705kwe1 520x347 - 近鉄エクスプレス/ベルギーから関空へ新型コロナワクチン輸送

同社はフォワーダーとして欧州から日本までの国際輸送業務全般を請け負い、新型コロナウイルス感染症ワクチンの輸送を安全かつ迅速に実施。

2021年4月30日午前、ワクチン輸送の第1便がベルギー・ブリュッセルから日本航空機便で関西空港に到着した。この日に至るまで、国際輸送における日本・欧州合同プロジェクトチームの結成にはじまり、医薬品輸送においてグローバルで蓄積してきたノウハウの共有や入念な輸送計画、リスク分析、テスト輸送を含め、周到に準備を整えてきた。

他の医薬品輸送と比較し、今回のワクチンの輸送においては一層高いレベルの安全性と迅速性が要求された。品質とスピードのバランスのとれたスキームの提案とその実現の確度が輸送獲得のキーになることは、プロジェクトメンバー全員の共通認識だった。

提案を模索していた当時、新型コロナウイルス感染拡大の影響によっては、集荷地から空港までの欧州域内の移動にも制限がかかる可能性が想定された。このような状況も踏まえ、リスクを最小限に抑えるべく、欧州ではブリュッセル空港(BRU)を出発空港と設定し、日本では関西空港(KIX)を到着空港とするルートを構築。BRU-KIXは既存の航空路線はなかったが、日本航空の協力のもと、ワクチンの安全・最短輸送のための航路開設を両社にて模索し、実現したもの。

<「高性能保冷コンテナ」>
20210705kwe2 520x390 - 近鉄エクスプレス/ベルギーから関空へ新型コロナワクチン輸送

このワクチンは、マイナス20度±5度での保管という厳格な管理が求められ、その輸送には「高性能保冷コンテナ」を利用している。このコンテナは、パッシブブコンテナと呼ばれ、電源を内蔵しておらず、ドライアイスも不使用のコンテナ。

そのため、コンテナ内温度をマイナス20度に設定してから指定納品先まで120時間以内で届けなければならない。フライトや欧州・日本側オペレーションにおいて、輸送途上でのさまざまなリスクを評価・分析し、120時間を厳守するためのSOPやBCPを幾重にも設定し、確実に遂行していくことによって持続時間内での迅速かつ安全な輸送を担保している。

Door to Doorでのセキュリティ面では、欧州・日本双方での輸送途上で想定される保安上のリスクを最小限にするための努力を重ねてきた。欧州・日本双方での警察などの国家機関への協力要請に加え、双方でのセキュリティエスコートによる警備体制の構築やロガー(温度記録計)を活用したリアルタイムのGPSモニタリングシステムの提供、さらに、ISO基準に則ったトラックドアの追加施錠に加え、トラックルートのリスクアセスメントやトラブル発生時の代替プランもセットアップしていた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集