清水建設/埼玉県新座市で計19万m2の大型物流施設開発完了

2021年07月28日 

清水建設は7月27日、埼玉県新座市で物流施設「S・LOGI新座East2」を竣工し、同日から稼働を開始したと発表した。

<S・LOGI新座East2>
20210728shimizu 520x347 - 清水建設/埼玉県新座市で計19万m2の大型物流施設開発完了

「S・LOGI新座East2」は、地上4階建て延床面積2万30m2のBTS型物流施設。SBSホールディングスグループのジョブライトが賃借したうえで、総合物流企業のエムティエスに一括転貸し、同社の物流センターとして運営される。

施設内には化粧品の充填作業等に対応できる1640m2のクリーンルームを配置したほか、火災リスクに対するBCPニーズに応えるため、AIで高精度かつ早期に火災を検知する高機能防災システムを導入した。

建設地は、都心から25km圏の新座都市計画事業大和田二・三丁目地区土地区画整理事業区域内(敷地面積9万m2)で、関越自動車道「所沢IC」から2km、外環道「和光IC」から7km、JR武蔵野線「新座駅・JR貨物新座ターミナル」から1kmに位置している。

<S・LOGI新座プロジェクト全景>
20210728shimizu1 520x347 - 清水建設/埼玉県新座市で計19万m2の大型物流施設開発完了

「S・LOGI新座East2」は、清水建設が埼玉県新座市で開発を進めてきた大規模物流施設「S・LOGI(エスロジ)新座プロジェクト」の最終棟。今回、同施設が竣工したことで、先に竣工した延床面積13万m2のマルチテナント型物流施設「S・LOGI新座West」、同4万m2のBTS型物流施設「S・LOGI新座East1」を含め、総投資額400億円、総延床面積19万m2に及ぶ大規模物流施設の開発を、3棟全てを満床状態で完了した。

清水建設は、2007年から物流施設「S・LOGI」シリーズの賃貸事業を展開。S・LOGI新座を含め、これまでに首都圏5か所で計7棟(計30万m2)の施設開発を終え、保有物件はいずれも満床で稼働している。

同社は、今後も開発・設計・施工・運営管理に一気通貫で対応できる総合建設会社としての強みを生かし、首都圏、中部圏、関西圏、福岡圏を中心に物流施設の開発を進めていく考え。

■S・LOGI新座East2 概要
敷地面積:1万1m2
延床面積:2万30m2
構造・階数:鉄骨造、鉄筋コンクリート造 地上4階建て
用途:物流倉庫(一部工場)
工期:2020年3月~2021年6月
開発・設計・施工:清水建設

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集