LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ローソン/AIで店舗配送ダイヤグラムを最適化

2021年08月06日/IT・機器

ローソンは8月6日、オプティマインドと共同でAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始すると発表した。

実証実験では、オプティマインドのAIによって店舗配送ダイヤグラムを作成し、配送を最適化することで、配送車の台数やCO2排出量の削減につなげる。

まずは、3か月間固定の店舗配送ダイヤグラムを作成し、約400店舗への配送を担う群馬県の常温・冷凍配送センターで10月から運用を開始するほか、その後は他の配送センターでもAIによる店舗配送ダイヤグラムでの配送を順次広げていく。

さらに、2023年度中には、当日の各店舗の在庫状況や発注数量を基にAIが毎日自動で作成する最適な店舗配送ダイヤグラムでの低温・常温・冷凍の配送を行う計画で、これにより、日々の物量変化に合わせた配送体制を構築し、物流効率を極限まで高めることを目指す。

前出の群馬県の配送センターでは、3か月間固定の店舗配送ダイヤグラムによる配送で、配送台数を8%(4台)、CO2排出量を7%(年間100 トン)、また日ごとに作成する店舗配送ダイヤグラムによる配送では、配送台数を15%削減、CO2排出量を17%削減できる見通し。

なお、店舗配送ダイヤグラムが毎日変更となることに対する店舗の負荷軽減策として、バックヤードへの納品専用エリアの設置、納品時間枠の設定、在庫状況も加味した店舗毎の納品優先度の反映等も合わせて検討するとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース