河村電器産業、東海理化/スマート宅配ボックスを2022年発売

2021年09月14日 

河村電器産業と東海理化は9月14日、TOKAIRIKA Digitalkeyのスマートフォンで鍵の解錠・施錠ができるシステムを組み込んだ宅配ボックス「Rusupo with FREEKEY(仮称)」の開発を始め、2022年の販売を目指すと発表した。

<「RusuPo with FREEKEY」の仕組み>
20210914kawamura 520x285 - 河村電器産業、東海理化/スマート宅配ボックスを2022年発売

「RusuPo with FREEKEY」は、河村電器産業が受配電設備メーカーとして培った技術を用いた宅配ボックス「RusuPo」に、モビリティ分野で培ったセキュリティ技術を用いた東海理化のデジタルキーソフトウェアを組み込んだもの。

<「RusuPo with FREEKEY」を使った荷物の発送イメージ>
20210914kawamura1 520x224 - 河村電器産業、東海理化/スマート宅配ボックスを2022年発売

これにより、東海理化のデジタルキー配信サーバーとの通信が可能となり、スマートフォンのアプリ操作による宅配ボックスの解錠・施錠が可能となる。デジタルキーを活用することで、荷物の受け取りだけでなく、荷物の発送などのシーンでも利便性の向上を実現することが可能になる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集