三井倉庫HD/サプライチェーンサステナビリティ支援サービス開始

2021年10月04日 
関連キーワード:

三井倉庫ホールディングスは10月4日、物流を通じて顧客のサプライチェーンサステナビリティの実現を支援する新たなサービス 「三井倉庫SustainaLink」 (サステナリンク) の提供を開始したと発表した。

<サービスのロゴマーク>
20211004mitsuis1 520x209 - 三井倉庫HD/サプライチェーンサステナビリティ支援サービス開始

<サービス内容イメージ>
20211004mitsuis2 520x276 - 三井倉庫HD/サプライチェーンサステナビリティ支援サービス開始

政府によるカーボンニュートラル宣言など、 企業活動における気候変動対応は急務であり、 物流活動から排出されるCO2への対応も例外ではない。このサービスでは、 関連法令や国際基準に基づくCO2排出量の見える化から物流合理化によるCO2排出量の削減に至るまで、 顧客それぞれの課題に応じたソリューションを提案する。

また、 労働人口の減少、 新型コロナウイルス感染症拡大を契機とするサプライチェーンの見直しなど、 企業を取り巻くビジネス環境が大きく変化していることを受け、 このサービスではサステナビリティの観点から環境リスクのみならず、 労働力リスク、 災害リスク(BCP)に対応した幅広いメニューを提供することで、 顧客のサプライチェーンでの諸課題を解決する。

従来、 同社グループではマテリアリティ (重要課題) の特定や、 専門組織新設による体制強化など、 ESG経営・サステナビリティに関する取り組みを推進しているが、そのマテリアリティ (重要課題) の一つである「協創を通じた持続可能で強靭な物流サービスの提供」を実現するためこの新サービスの提供を開始するもの。

今後も同社グループは「物流」という重要な社会インフラを支える企業として、 新たな価値を創出することで、 顧客から信頼されるファーストコールカンパニーを目指していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集