ホームロジ/大阪DCで協力会社従業員が新型コロナ感染

2021年10月11日 

ホームロジスティクスは10月0日、大阪DCの協力会社従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

従業員は10月10日が最終出勤日であり、以降の勤務はしていない。また、勤務期間中はマスクを着用していた。この従業員への聞き取りと保健所の調査の結果、濃厚接触者にあたる顧客及び従業員はいないと判断を得ている。なお、勤務期間中は定期的な館内清掃、消毒作業を実施しておりました。

同社は保健所に相談し、既に以下の感染拡大防止策を実施。この従業員への聞き取りと保健所の調査の結果、濃厚接触者にあたる顧客及び従業員はいないと判断を得ている。なお、勤務期間中は定期的な館内清掃、消毒作業を実施しておりました。この従業員が使用した可能性のある全ての館内設備について消毒作業を完了している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集