メルカリ/物流サービス子会社「メルロジ」設立

2021年10月28日 
関連キーワード:

メルカリは10月28日、物流サービスの企画・開発・運営を行う100%子会社「メルロジ」を設立した。

<子会社ロゴ>
20211028merucari 520x273 - メルカリ/物流サービス子会社「メルロジ」設立

<メルロジが構築する効率的な集荷物流網>
20211028merucari1 520x293 - メルカリ/物流サービス子会社「メルロジ」設立

メルロジは、パートナーとの連携により、トラックや倉庫などの自社アセットを持たない形で事業を展開。メルカリが全国1000か所に展開する「メルカリポスト」や、メルカリの使い方を体験しながら学べるリアル店舗「メルカリステーション」(全国11か所)をはじめとした自社のタッチポイントを基盤とし、データとテクノロジーを活用した新たな集荷物流網を構築する。

具体的には、メルカリが持つ月間利用者2000万人の取引データをもとに、より荷量が多い場所を特定し、集荷の精度を上げることで効率的な集荷物流網を構築していく。

また、「メルカリポスト」を2024年までに全国8000か所に拡大し、「メルカリステーション」と合わせて自社のタッチポイントとして活用することで、集荷効率の最大化を図っていく。

メルロジでは、これらの集荷物流網を通じて、売れた商品を持ち込むだけで発送が完了する梱包レス発送や、発送前の商品のクリーニング、リペアといった付加価値サービスを提供し、顧客体験の向上を目指す。

さらに、中長期的にはメルカリグループ内の物流領域のさらなる効率化や自社集荷物流網の開放にも取り組む方針で、メルカリグループの他の事業とのシナジー創出を目指すほか、メルロジの集荷物流網を広く開放し、「メルカリポスト」を活用した他社ECの商品返品等の発送対応や、メルカリグループ以外のサービスを使ったネットショップ出店者にも保管・発送サービスの提供を行っていく。

フリマアプリ「メルカリ」は、2013年7月の提供開始から利用者数を拡大し、月間の利用者数が2000万人、累計出品件数が20億品を突破するなど、さらなる成長を目指している。

一方で、「メルカリ」の流通取引総額の拡大に伴い、日本全体の年間宅配便取扱個数50億個のうち5~10%を「メルカリ」の荷物が占めるほか、コンビニ発送のうち約80%が「メルカリ」の出品物の発送になるなど、日本全体の物流における「メルカリ」の取扱量は拡大の一途をたどっている。

これに伴い、郵便局やコンビニエンスストア等での発送・集荷時のオペレーション負荷も高まっていることから、メルロジによって集荷物流網を効率化するとともに、梱包レス発送などの付加価値サービスを提供し、顧客体験のさらなる向上を図る狙い。

■メルロジ概要
所在地:東京都港区六本木6-10-1
設立日:2021年10月28日
資本金:1億5000万円(メルカリ100%子会社)
事業内容:物流サービスの企画・開発・運営
ウェブサイト:https://about.merlogi.com/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集