LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

小丸交通財団/リトアニアで日本語作文スピーチコンテスト

2021年11月15日/CSR

小丸交通財団は11月13日、福山通運本社で広島大学リトアニアセンター、ヴィータウタス・マグヌス大学と共催し、「第4回日本語作文スピーチコンテスト」を開催した。

<日本語作文スピーチコンテスト会場>
20211115fukutsu 520x390 - 小丸交通財団/リトアニアで日本語作文スピーチコンテスト

<記念撮影>
20211115fukutsu1 520x390 - 小丸交通財団/リトアニアで日本語作文スピーチコンテスト

コンテストは福山通運による特別協賛のもと、昨年に続いて新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、日本とリトアニアをつないたリモート開催により実施した。

今回のコンテストでは「交通」というテーマで8名がスピーチ。最優秀賞には「交通事故を防止するために、交通ルールを守らなければいけないことは今も昔も変わらない」とスピーチしたヴィリニュス大学のモニカ・モイセイエヴァさんが選ばれた。

コンテストには、来賓として駐リトアニア日本国大使館の尾崎哲大使、共催者として広島大学の佐藤利行理事・副学長、ヴィータウタス・マグヌス大学のリナス・ディドヴァリスセンター長が列席した。

福山通運の小丸社長は、2017年1月から在福山リトアニア共和国名誉領事、2021年2月に名誉総領事に就任し、チャーター機による日本初のなる直行便でのリトアニア共和国への親善訪問など、両国との経済・文化・教育などを通じ、友好親善に努めている。また、福山通運は2018年8月12日にリトアニア共和国のHOPTRANS社と業務提携を行い、経済分野に加えて文化面や学術面での交流を教育機関などとの連携によって推進している。

小丸交通財団は、交通安全思想の普及啓発活動を目的として2013年9月9日に創立され、日本では小学校を対象とした交通安全教室の開催や交通事故防止のチラシを配布するなどの街頭活動を実施。また、海外では日本語の学習成果を発表する機会の提供や日本との文化交流並びに交通安全意識の向上を目的として、日本語作文スピーチコンテストを行っている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース