LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ZMP/CarriRoがYE DIGITALの倉庫自動化システムと連携

2022年01月18日/IT・機器

ZMPは1月18日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」について、YE DIGITALが提供する倉庫自動化システム「MMLogiStation」との連携を発表した。

<「MMLogiStation」との連携イメージ>
20220118zmp 520x194 - ZMP/CarriRoがYE DIGITALの倉庫自動化システムと連携

MMLogiStationは、WMS(倉庫管理システム)と自動化設備の制御を行うWCS(倉庫制御システム)の中間に位置する「WES(倉庫実行システム)」と呼ばれるシステム。

WESは、物流現場の自動化設備連携・作業管理に特化しており、従来WMSが行っていた自動化設備連携・作業管理をWESに分離することで、各システムの役割がシンプルになり、自動化設備の導入や作業手順の変更等、業務の変化にスピーディに対応することが可能となる。
​​​​​​​
MMLogiStationは、自動化設備の導入をスピーディにするだけではなく、人や機器といった倉庫内のオペレーション全体の最適化を実現し、CarriRoをはじめとする主要な自動化設備を制御するWCSとのインタフェースを「プラグイン」として標準搭載している。

今回、CarriRoがMMLogiStationと連携することで、あらゆるロボットやシステムとシームレスに協働が可能になる。協働はクラウドサービス「ROBO-HI」を通じて実現し、総合的な自動化を提供する。

ZMPでは、MMLogiStationと「CarriRo Fork」や「CarriRo Tractor」の連携についても、順次準備を予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース