LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ACT FOR SKY/16社で持続可能な航空燃料の団体を設立

2022年03月02日/生産

日揮ホールディングス、レボインターナショナル、全日本空輸、日本航空の幹事企業4社共同で3月2日、国産の持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel、「SAF」)の商用化および普及・拡大に取り組む有志団体「ACT FOR SKY」を同日設立したと発表した。

<16社の参加企業>
20220302act1 - ACT FOR SKY/16社で持続可能な航空燃料の団体を設立

ACT FOR SKYは、SAFの商用化および普及・拡大目的のために「ACT=行動を起こす」意志を持つ企業が協調・連携し、SAFやカーボンニュートラル、資源循環の重要性を訴えながら市民・企業の意識変革を通じて、行動変容につなげていくことを目指す。産業界を横断した4社が幹事企業として、加盟メンバー企業の「ACT(行動)」を推進していく。

ACT FOR SKY設立の経緯は、まず、世界的にCO2排出量削減への対応が急速に求められるなか、航空業界においては、植物・動物油脂や使用済み食用油、木質バイオマス、都市ごみ、排ガス、CO2等から製造されるSAFの技術開発・製造・流通および利用を加速させる必要があるということ。

また、世界的なSAF需要の高まりに対し、日本でも国産SAFの安定的な供給が必須と考えられるが、未だ国産SAFの商用化に至っておらず、原料調達からSAF供給までの安定的なサプライチェーンの構築が急務となっていること。

さらに、SAFの商用化が既に進んでいる欧米ではSAFに関する認知度が高まっており、日本においてもSAFの認知度向上が必要だということだ。

ACT FOR SKYメンバー企業の主な活動内容は、「国産SAFを通じた脱炭素化社会、資源循環型社会の実現に向けた各メンバーのアクションの発信」、「脱炭素化社会、資源循環型社会の実現に必要となる増加コストに関する議論」、「自治体、教育の場を通じたカーボンニュートラルに関する啓発活動」、「各メンバー同士での情報共有、新たなアクションへの意見交換」、「SAFに関する各国動向の共有」、「国産SAFにおける共通課題の抽出、ならびに関係機関との情報共有」としている。

<ACTメンバー14社:事業として国産SAFに直接関与する企業等>
20220302act2 520x336 - ACT FOR SKY/16社で持続可能な航空燃料の団体を設立

<SKYメンバー2社:国産SAFサプライチェーン構築に必要となる企業等>
20220302act3 520x98 - ACT FOR SKY/16社で持続可能な航空燃料の団体を設立

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース