LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事都市開発/大阪市平野区で1万m2の物流施設開発用地

2022年03月03日/物流施設

三菱商事都市開発は3月3日、大阪府大阪市平野区に物流施設開発用地を取得したと発表した。

<「大阪市平野区」物件周辺地図>
20220303mitsubishist1 520x387 - 三菱商事都市開発/大阪市平野区で1万m2の物流施設開発用地

この案件は2023年夏着工、2024年夏竣工予定。

計画地は大阪市内陸に位置し、近畿自動車道「八尾」ICまで約2.0kmと近畿圏広域の交通利便性に優れ、また、関西圏の最大消費地である大阪都心部への近接性・配送利便性の高い物流適地。最寄り駅であるJR関西本線「加美」駅、JRおおさか東線「新加美」駅の2駅から徒歩圏にあり、周辺人口も多く雇用確保の観点でも優位性のある立地。

「MCUD LOGISTICS」シリーズとしてこれまで関東圏を中心に物流施設開発を進めてきたが、神戸市須磨区(MCUD神戸西/2021年12月竣工)、神戸市西区(MCUD神戸TLP「仮称」/2022年3月着工)、大阪府吹田市(MCUD南吹田「仮称」/2022年秋着工予定)に続き、同社における関西圏4件目の物流施設開発となり、関西圏での物流施設総延床面積は約5万5000坪となる見込み。

<物流開発実績(関西圏)>
20220303mitsubishist2 520x366 - 三菱商事都市開発/大阪市平野区で1万m2の物流施設開発用地

同社は、関東圏で長年培った物流施設の開発・運営ノウハウ、また三菱商事グループが持つ情報力を最大限活用し、今後関西圏においてもテナントや投資家のニーズに沿った優良な施設を供給すべく、物流施設開発事業を行っていくとしている。

■概要
所在地:大阪市平野区加美南三丁目59番 他
交通:近畿自動車道「八尾」ICより約2.0km
    JR関西本線「加美駅」約1.0km/徒歩約13分
    JRおおさか東線「新加美駅」約1.0km/徒歩約13分
敷地面積:1万192.17m2(3083.13坪)
着工時期:2023年夏(予定)
竣工時期:2024年夏(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース