LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

C&W/茨城県猿島郡境町で5万m2の物流施設用地取得

2022年04月20日/物流施設

PR記事

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は4月20日、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントが境古河ファシリティ合同会社を通じて、茨城県猿島郡境町で開発用地を取得することを決定したと発表した。

今後、約5万m2の土地に、約11万m2の大規模な物流施設を開発していく。

C&Wは、約5万m2の用地を取得し、「(仮称)LF境古河新築計画」 として、ランプウェイ付きのマルチテナント型物流施設を開発し、2024年の竣工を目指す。

境町は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「境古河」ICがあり、首都圏と北関東を繋ぐ新4号国道が通っていることから、関東及び東日本の広域配送拠点としての物流拠点ニーズが見込まれ、今後、物流拠点の集積が期待されている。北関東には、多様な業種の製造拠点が多く立地しており、これら企業からのさまざまな物流ニーズが見込まれることから、大規模で先進的な物流施設が供給可能と判断したもの。

開発する施設は、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aランク認証の取得、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)5スター、ZEB(年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物)を見据えた先進建築物を示すZEB Ready認証の取得、太陽光発電事業者による屋根への太陽光発電設備の設置を計画するなど、事業用不動産におけるサステナビリティを体現していく。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントの田中 義幸社長は、「この度、C&Wとして、茨城県下でLFつくばに次ぐ2件目の物流施設を開発する機会を得たことをとても嬉しく思っている。境町は、圏央道、新4号国道を利用して関東及び東日本へのアクセスが容易な立地であり、今後、物流拠点が集積することが期待されている。私たちは、良質な物流施設を供給することで、地域における雇用創出と経済発展に貢献していく」と抱負を述べている。

■物件概要
施設名:(仮称)LF境古河
所在地:茨城県猿島郡境町
土地面積:約5万m2
延床面積:約11万m2(予定)
構造:地上4階建て、鉄骨造(予定)
着工:2023年(予定)
竣工:2024年(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース