LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/インドネシア・バリ島で電気小型トラックの実証開始

2022年07月28日/国際

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月28日、インドネシアのFUSO正規代理店であるKrama Yudha Tiga Berlian Motors(KTB)が、今年8月からインドネシア・バリ島において、現地の顧客のもとで電気小型トラック「eCanter」の実証実験を行うことを発表した。

FUSOブランド最大の海外市場であるインドネシアでは、今回が初めての「eCanter」の実証実験となる。

この取り組みは、7月27日にバリ島で開催された日系自動車メーカー5社(いすゞ自動車、トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車工業、三菱ふそうトラック・バス)の現地法人の共同プロジェクト「EVスマートモビリティー・ジョイントプロジェクト」の共同記者会見の中で公表された。

「eCanter」は、今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして、MFTBCが開発した量産型電気小型トラック。電動で駆動することで排出ガスが一切出ず、従来のディーゼル車と比較して騒音や振動も少ないため、都市内輸送のほか深夜早朝での輸送に適している。

<参加社が提供した主力EV>20220728Mitubisifuso1 520x346 - 三菱ふそう/インドネシア・バリ島で電気小型トラックの実証開始

<FUSOの電気小型トラック「eCanter」を含む商用車>
20220728Mitubisifuso2 520x346 - 三菱ふそう/インドネシア・バリ島で電気小型トラックの実証開始

同プロジェクトでは、日本の自動車メーカー5社の現地法人が、それぞれ主力のEVを提供し、インドネシアにおけるEVエコシステムの将来性を調査・検証する。「eCanter」はバリ島のデンパサール地区で、工場の原材料の配送や郵便物の配達に使用される予定。顧客のニーズや電気トラックの運用における潜在的な課題を洗い出し、集める貴重な機会となる。同プロジェクトの実証実験を通じて、参加社はEVの普及や関連インフラの整備に役立つ重要な知識を得ることを目指す。

MFTBCとKTB社は、この「eCanter」の実証実験を通じて、温室効果ガス排出削減を目指すインドネシアの政策をサポートする。インドネシア政府は2015年に「2030年までに温室効果ガス排出量を29%削減する」という目標を掲げ、実現に向けて電気自動車(EV)の導入を支援するさまざまな政策を打ち出してきた。また、今年のG20サミット議長国をに務めるインドネシアは、議長国としての任期中にサステナビリティを戦略的な柱の一つとして位置づけており、現地の物流事業者は電気自動車の導入を検討しているという。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース