LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマハ発動機/自動搬送サービスをパナソニックが試験採用

2022年09月28日/IT・機器

ヤマハ発動機は9月28日、グループ会社であるeve autonomy(イヴオートノミー)の自動搬送サービス「eve auto(イヴオート)」が、パナソニックの大泉地区コールドチェーン工場(群馬県)で試験導入されたと発表した。

<パナソニックの大泉地区コールドチェーン工場での試験導入事例>

eve autoは、屋内外の環境を含む閉鎖空間での、搬送の自動化ニーズへの対応を目的に新規開発された、EV車両による自動搬送サービス。屋外向けに設計されたランドカーと自動運転システムをベースに、多少の風雨や路面の凹凸があるような環境でも、安定して運行できる。

パナソニックの大泉地区コールドチェーン工場は、スーパーマーケットやレストランなどで利用される業務用冷蔵庫や冷蔵・冷凍ショーケース、飲料ディスペンサーなどの製造拠点。いくつかの工程で複数の建屋を跨ぐ部品搬送が発生し、有人運転のフォークリフトやトラックを多数使用している。

今回は、フォークリフトによる搬送からeve autoによる牽引に搬送方法を置き換えることで、省人化と、サイズが大きく重量のある冷蔵・冷凍ショーケース用パネルといった大型部品を搬送する際の安全面でのリスク低減を図る狙い。

<パナソニックの大泉地区コールドチェーン工場で稼働中のeve auto>
20220928yamaha 1 520x316 - ヤマハ発動機/自動搬送サービスをパナソニックが試験採用

20220928yamaha1 520x293 - ヤマハ発動機/自動搬送サービスをパナソニックが試験採用

eve autoの試験導入は、ヤマハ発動機の工場を含め今回で6社9台となった。eve autonomyでは、eve autoについて2022年秋からの一般商用サービス提供を予定している。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース