LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/EVトラック充電器のワンストップ導入サービス提供

2022年09月28日/IT・機器

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向け充電器の導入サービス「充電器・充電器設置サービス」を、9月より開始していると発表した。

このサービスはMFTBCの電気小型トラック「eCanter」現行モデルから利用できる。またMFTBCは、「eCanter」次世代モデルの発売を2023年春に予定している。サービスでは、車両の準備とともに、顧客のEVトラック運用パターンに合わせた最適な充電器の選定から設置工事までを、MFTBCがワンストップで対応できる体制を整え、顧客のEVトラックの導入・運用をサポートする。

また、MFTBCはこのサービスの提供にあたり、充電器の提供パートナーとして日東工業およびニチコンと、また充電器の設置工事パートナーとしてJMならびにミライト・ワンと新たに協業する。MFTBCの物流業界の脱炭素化を支援する姿勢に賛同したパートナー企業とともに、顧客の脱炭素に貢献するソリューションを提供していく。

サービスでは、まずMFTBCが顧客のEVトラックの用途や運用パターン、要望に合わせて、最適な充電器を紹介する。日東工業の普通充電器(AC 充電器)とニチコンの急速充電器(DC充電器)をはじめとしたラインアップを用意している。多様な出力レンジを取りそろえており、どれも堅牢性に優れたモデルとなっている。

MFTBC推奨の製品は「eCanter」との互換性を確認しており、安心して使用できる。またMFTBCのパートナーの製品を使用することで、設置業者と充電器メーカーの密な連携が可能になり、設置後も充実したアフターサービスを利用することが可能だ。

日東工業とニチコンの充電器は、「eCanter」次世代モデルの発売以後、FUSOのコネクテッドサービス「Truckonnect(トラックコネクト)」を通じたクラウド方式の充電管理システム(CMS)を利用できる。CMSの活用によって、契約電力の超過防止や使用電力の平準化が可能になる。充電ケーブルについても、トラックのサイズを考慮して長いサイズを設定しており、ケーブル長に起因する充電制約を軽減する。

<サービスのイメージ>
20220928mftbc 520x174 - 三菱ふそう/EVトラック充電器のワンストップ導入サービス提供

その後の設置工事は、MFTBCがJMもしくはミライト・ワンを顧客に紹介する。JMとミライト・ワンは、これまで商業施設や公共施設、企業の事業所などへのEV向け充電器の設置工事を数多く手がけており、豊富な経験と知識をもとに顧客の事業所へのEVトラック向け充電器の設置工事をスムーズかつ確実に行う。また全国で事業を展開する2社が施工することで、工事品質の標準化を図る。

なお、MFTBCは国内初の量産型電気小型トラック「eCanter」を2017年に発売以来、世界で約450台を納車してきた。「eCanter」の累計走行距離は600万kmを超え、顧客からの豊富なフィードバックをもとに改良を重ねた次世代モデルを2023年春に発売予定だ。

同時に、EVトラックを顧客に使用してもらううえで必要不可欠な周辺要素をMFTBCの知見と経験でサポートし、顧客の e モビリティへの変革を支援する包括的ソリューションプログラム「FUSO e モビリティソリューションズ」の展開を進める。「充電器・充電器設置サービス」はこの一環であり、MFTBCは今後、「FUSO e モビリティソリューションズ」のプログラムをさらに充実させていく、としている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース