LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

C&W/茨城県つくば市で8.0万m2の先進的物流施設開発へ

2022年10月31日/物流施設

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は10月31日、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントが谷田部ファシリティ特定目的会社を通じて、茨城県つくば市で開発用地を取得したと発表した。

<外観イメージパース>
20221031cw 520x293 - C&W/茨城県つくば市で8.0万m2の先進的物流施設開発へ

約8万mの大規模な物流施設を開発していくとしている。

C&Wは、約3万6000m2の用地を取得し、「(仮称)LF谷田部新築計画」として、スロープ付きのマルチテナント型物流施設を開発し、2025年1月の竣工を目指す。つくば市は、常磐自動車道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の結節点に位置しており、首都圏全域への広域配送拠点及び茨城県内の地域配送拠点としての需要が見込まれる。

また、同市は人口増加が継続しており、雇用環境は優位といえる。さらに、浸水、液状化、土砂災害の可能性が低く、事業継続の観点からも優れた立地。これらの理由から、現在C&Wが同市内で開発を推進している「(仮称)LFつくば新築計画」に続いて、大規模で先進的な施設が供給可能と判断したもの。

対象地は、つくばエクスプレス「みどりの」駅から約2kmに位置し、通勤利便性に優れている。また、常磐道「谷田部」ICから約6km、同「谷和原」ICから約10km、圏央道「つくば中央」ICから約7kmに位置しており、茨城県内への地域配送、常磐道及び圏央道を使用することにより、都心方面及び関東圏全域への広域配送の利便性が高い立地。今後、常磐道「(仮称)つくばみらい」スマートIC、圏央道「(仮称)つくば」スマートICが設置される予定であることから、アクセスのさらなる向上も期待されてい.る。

開発する施設は、非常用発電設備の設置、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aランク認証の取得、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)5スター、ZEB(年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物)を見据えた先進建築物を示すZEB Ready認証の取得を計画し、事業用不動産における持続可能性を備えた施設づくりに取り組んでいく、としている。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントの田中義幸 社長は「この度、つくば市においてLFつくばに次ぐ2件目、茨城県下では3件目となる物流施設を開発する機会を得られたことを大変嬉しく思う。つくばエリアは常磐道と圏央道の結節点にあり、配送利便性が高く、雇用環境も恵まれていることから、近年、物流拠点の集積が進んでいる。つくばエリアにおける多様な物流ニーズに応えるため、当社のESG戦略に基づく高品質な物件を供給することにより、地域経済の発展に貢献していく」と述べている。

■施設概要
施設名:(仮称)LF谷田部
所在地:茨城県つくば市みどりの南
土地⾯積:約3万6000m2
延床面積:約8万m2(予定)
構造:地上4階建て、RCS造(予定)
着工:2023年8月(予定)
竣工:2025年1月(予定)
認証取得:CASBEE Aランク(新築)認証、BELS 5スター、ZEB Ready認証(いずれも予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース