LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東芝デジタルS/物流現場を最適化するWESの提供開始

2022年11月22日/IT・機器

東芝デジタルソリューションズは11月22日、倉庫運用最適化サービス「LADOCsuite/WES」の提供を同日から開始すると発表した。

<「LADOCsuite/WES」の概要>
20221122toshiba 520x248 - 東芝デジタルS/物流現場を最適化するWESの提供開始

倉庫運用最適化サービス「LADOCsuite/WES」は、倉庫での荷物の入出庫や在庫管理など人が行う作業を管理するWMS(Warehouse Management System、倉庫管理システム)や、荷降ろし・搬送、ピッキング作業など、ロボットやマテリアルハンドリング機器(マテハン機器、コンベヤーやソーター)などの機械を制御するWCS(Warehouse Control System、倉庫制御システム)と連携し、倉庫内の人と機械のデータを蓄積し、可視化、分析・シミュレーション、最適化を行うクラウドサービス。

人と機械の作業データを俯瞰的に捉え、最適な作業計画を立て、進捗や負荷状況をリアルタイムに把握し、作業の完了時間を予測し適切なリソース配分を行うことで、倉庫の運用を効率化する。

具体的な特長としては、倉庫内作業をリアルタイムに可視化し、作業完了予定時間をシミュレーションすることで、作業遅れのリスクに早期に対処することができる。

また、分析・シミュレーションに基づいて、作業に対する要員割り当てなどを最適化し、リソースを最大活用することで、スループットを全体最適化。進捗予測で遅れが見込まれる場合は、エリア間の要員調整などを最適にナビゲーションする。

そのほか、さまざまなWMS、その他のシステムとのデータ連携・編集を容易にする物流分野のデータ変換に特化したツールによって、既存システムとスムーズに連携することができる。

これらの特長によって、例えば、倉庫の作業員の突然の休暇、トラックの到着遅れ、荷物の量の急な増減など、リソースの臨機応変な見直しが必要な場合に、LADOCsuite/WESが倉庫内の人と機械のリソースのタスクや負荷状況を俯瞰し、分析・シミュレーションを行い、適切なリソース配分を提案する、といったことが可能になる。

東芝デジタルソリューションズは、LADOCsuite/WESのサービス提供の第1弾として、WESとWMSの連携機能の提供を11月22日から開始した。

今後は、可視化、分析・予測、最適化の適用範囲の拡大に向け、東芝研究開発センター、生産技術センター、東芝インフラシステムズとの協働を続け、WESとロボット・マテハン機器などの自動化機器を制御するWCSとの連携機能を今冬以降に順次提供・強化していくほか、さまざまな機器との連携機能の拡張を進め、協業パートナーを広く募り、メーカーを問わずに企業間連携を推進していく方針だ。

物流業界では、庫内作業の効率化を図るためにWMSやWCSの活用が進んでいるが、人を管理するWMSと機械を制御するWCSの2つのシステムは通常統合されていないため、人と機械の作業を適切に配分して効率的な運用を行うには、経験と勘に頼らざるを得なかった。WESは、WMSとWCSの中間に位置するシステムで、両システムとつながることにより人の作業と機械の作業を統合的に運用・管理することが可能になる。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース