LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

スズキ/北海道苫小牧市に自動車部品の供給拠点を新設

2022年12月01日/物流施設

PR記事

スズキは12月1日、自動車用純正部品・用品の供給拠点となる広域部品センター「スズキ部品センター苫小牧」を新設し、同日から稼働を開始したと発表した。

<スズキ部品センター苫小牧>
20221201suzuki 520x274 - スズキ/北海道苫小牧市に自動車部品の供給拠点を新設

20221201suzuki1 520x274 - スズキ/北海道苫小牧市に自動車部品の供給拠点を新設

スズキは、自動車の純正部品・用品の供給を行なう広域部品センターを全国6か所(スズキ部品センター苫小牧を含む)に設置し、各都道府県の代理店・販売店へ部品・用品を供給している。

従来、北海道エリアの部品供給は札幌市にある販売会社の倉庫が担っていたが、新設したスズキ部品センター苫小牧では保管エリアを拡張したことで、部品の取扱点数を従来比3.6倍の1万8000点に拡大。北海道物流の要所である苫小牧に広域部品センターを新設したことで北海道内の効率的な輸送を実現し、部品・用品の即納性を強化した。

また、北海道向けの部品輸送は、静岡県湖西市の部品工場から宮城県仙台市の広域部品センターまで陸送した後、フェリーで苫小牧港へ輸送していたが、今後は静岡から苫小牧へフェリーで直接輸送する形に変更。輸送距離の約8割を海上輸送とすることで、モーダルシフトによるCO2削減に寄与する。

なお、スズキ部品センター苫小牧には、納車整備を行なう「スズキ納整センター苫小牧」を移転し、12月12日から稼働させる。同センターの移転によって自動車の納車整備能力と保管能力を増強し、業務効率向上を図る。

■「スズキ部品センター苫小牧」施設概要
所在地:北海道苫小牧市柏原32-8
敷地面積:7万9000m2
建物面積:8000m2
取扱点数:1万8000点
稼働開始:12月1日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース