LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/世界初の本格的CO2回収貯留プロジェクトに参画

2022年12月19日/3PL・物流企業

PR記事

川崎汽船は12月19日、Northern Lights社と、7500m3の液化CO2船2隻の裸傭船契約と定期傭船契約を締結したと発表した。

<Northern Lights 液化CO2船(画像提供:Northern Lights)>
20221219kline 520x259 - 川崎汽船/世界初の本格的CO2回収貯留プロジェクトに参画

新造船は2024年にNorthern Lights社へと引き渡され、世界初の本格的なCO2回収貯留(CCS)バリューチェーンプロジェクトに従事する予定。

川崎汽船の子会社でロンドンを拠点とする“K” Line LNG Shipping (UK)が、本船の船舶管理を実施し、Norcem BrevikやHafslund Oslo Celsio等、複数のCO2回収施設からノルウェーØygardenにあるNorthern Lights社のCO2受入基地まで液化CO2を輸送する。

Northern Lights社は、Equinor、Shell、TotalEnergiesが3分の1ずつを出資している合弁会社。顧客から受け取ったCO2を船舶でノルウェー西部の受入基地に輸送し、パイプラインで海底2600mの貯留層に圧入するためのインフラを開発しており、運用開始は2024年を予定している。

川崎汽船とNorthern Lights社は、液化CO2の安全な輸送手順を共同で確立していく。本船はDNV船級・ノルウェー船籍で建造され、主にノルウェー船員により運航される予定だ。

■新造船主要目
カーゴタンク容量:7500m3
全長:130m
船幅:21.2m
喫水:7.5m

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース