LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜港/過去最大1万5000TEU型、仏国の超大型コンテナ船初入港

2023年01月16日/IT・機器

PR記事

国交省関東地方整備局及び横浜市港湾局、横浜川崎国際港湾は1月16日、CGM社(フランス)のコンテナ船「CMA CGM ARGENTINA(アルゼンチナ)」が、同月15日、横浜港本牧ふ頭D4コンテナターミナルに初めて入港したと発表した。

<横浜港本牧ふ頭D4コンテナターミナル>
20200116yokohama1 520x293 - 横浜港/過去最大1万5000TEU型、仏国の超大型コンテナ船初入港

<「CMA CGM ARGENTINA(アルゼンチナ)」初入港写真>
20200116yokohama2 520x390 - 横浜港/過去最大1万5000TEU型、仏国の超大型コンテナ船初入港

同船は全長約366m、船幅51m、最大積載数1万5074TEU。CMA CGM社が運航する中南米航路「ACSA(アクサワン)」に投入されている2隻の1万5000TEU型船のうちの1隻として横浜港へ初めて入港したもの。これまで本牧ふ頭に寄港したコンテナ船で過去最大の大型船となる。

CMA CGM社は、中南米からの輸入貨物増加対応に向けた計画の一環として当該航路への大型船の投入を進めている。横浜港では、国際コンテナ戦略港湾の競争力強化として、コンテナ船の大型化や増加する貨物に対応するため、国土交通省・横浜市・横浜川崎国際港湾で連携し、D4・D5コンテナターミナルの一体的な運用に向けて、D5コンテナターミナルの再整備を進めている。

■本船詳細
本船名:CMA CGM ARGENTINA
船籍:マルタ
総トン数:14万9314G/T
最大コンテナ積載数:1万5074TEU
全長:365.98m
船幅:51m

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース