LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

2024年01月10日/3PL・物流企業

PR記事

栗林商船は1月10日、大阪発着貨物のニーズ増加にあわせ2024年2月から大阪寄港を増便すると発表した。

<大阪寄港を現在の週3便から週4便へ1便増便のRORO船>
20240110kuribayashi1 - 栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

あわせて、小口貨物に対応できるサービスとして大阪~仙台間で混載便サービスを開始することで2024年問題解決にも貢献していく。

栗林商船は苫小牧、釧路、仙台、東京、清水、名古屋、大阪を結ぶ海上輸送を主事業としている内航海運会社で、7隻のRORO船と自社およびグループ各社が保有する約3300台のトレーラーを用い、トレーラーリースによる海上輸送サービスに加え、海陸一貫輸送も行っている。

関西~関東は物流の幹線であり、特に大阪発着貨物は東京を含め北海道などその他の地域からのニーズも増えてきていることも背景にあり、これらのニーズに対応するため2024年2月から大阪寄港を週4便へ増便することを決定した。

大阪~仙台間の全行程を陸上輸送する場合の所要時間はおよそ11時間(休憩なし)のため、海上モーダルシフトへの転換により、大幅にドライバーの労働時間の負荷軽減が実現可能となり、2024年問題の解決にも貢献していく。

栗林商船は今後も顧客の多岐にわたるニーズを満たすとともに、既存の輸送方法に捉われないサービスを検討していくとしている。

■混載便詳細
対象航路:大阪⇔仙台
・対象貨物:T11型パレットを使用した貨物/L:W:H:1.1mサイズ(1t)
※上記以外に長尺物や重量物の取り扱いも行っている。
受渡条件:倉庫受け倉庫渡し
海上運賃:1P/L ¥8000 +BAF(税別)

■配船日程
大阪港⇒仙台港
大阪発(火曜日)⇒仙台着(木曜日)  (週1便 月4回航海 年48航海)
仙台港⇒大阪港
仙台発(火曜日)⇒大阪着(木曜日)  (週1便 月4回航海 年48航海)

■貨物の荷渡し場所
〈大阪〉
名称:大和運輸 営業部 大阪市営上屋B-2倉庫
住所:大阪府大阪市住之江区南港南3-8-48

<大和運輸B-2倉庫 現地1.>
20240110kuribayashi2 - 栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

<大和運輸B-2倉庫 現地2.>
20240110kuribayashi3 - 栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

〈仙台〉
名称:三陸運輸 倉庫部 仙台港物流センター
住所:宮城県仙台市宮城野区港2丁目1番4号

<三陸運輸仙台港物流センター 現地1.>
20240110kuribayashi4 - 栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

<三陸運輸仙台港物流センター 現地2.>
20240110kuribayashi5 - 栗林商船/大阪寄港増便、大阪~仙台間混載サービス開始

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース