LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/新造LNG燃料フェリー2隻トラック積載スペース拡張

2024年01月22日/IT・機器

PR記事

商船三井は1月22日、グループ会社の商船三井さんふらわあが運航する大洗~苫小牧航路の新造LNG燃料フェリー2隻の船体デザインが決定したと発表した。

<イメージ図>
20240122mol21 - 商船三井/新造LNG燃料フェリー2隻トラック積載スペース拡張

2025年の就航を目指し建造を進めており、2024年4月に第一船の進水式を予定。

『かけがえのない地球と海を守り、受け継いできた伝統と新たに切り開いていく未来を繋ぎながら、人々の暮らしを明るく照らし続けていきます』をデザインコンセプトに掲げている。

環境に優しいLNG燃料を使用することで、豊かな地球と海を守りながら、海と陸、地域と地域、人と人といったあらゆるものを繋ぎ、人々の暮らしと未来を明るく照らすことを目指している。

その思いから、海と空の美しい「青」をアクセントカラーとし、「夜明けの海」と「新しい時代を照らす光」をイメージしたデザインによって、「新たな未来へ歩みだす船」を表現した。

この船はLNG燃料に加え様々な最新技術を採用することにより、現在北海道航路に従事する既存船に比べ CO2の排出量を約35%抑えることが可能となり、社会全体のサプライチェーンにおけるCO2排出削減に貢献していく。

商船三井グループでは 2023年就航の日本初のLNG 燃料フェリー2隻「さんふらわあ くれない」「さんふらわあ むらさき」に今回の2隻を追加し25年までに4隻を運航する。

内航フェリー事業における環境対応をリードすると共に、将来的にはLNG に代わる新燃料の採用も選択肢として研究、検討を続け、業界に先駆けて積極的に取り組んでいく方針。

加えて既存船よりトラックの積載スペースを拡張するとともに客室の全室個室化によりトラックドライバーの人々に快適に過ごしてもらえる空間を提供することで、モーダルシフトを促進し、「2024年問題」解決に努める。

<既存船との比較>
20240122mol22 - 商船三井/新造LNG燃料フェリー2隻トラック積載スペース拡張

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース