LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





佐川急便/物流環境大賞表彰、パンの共同配送等4つの取組で最多受賞

2024年06月28日/3PL・物流企業

佐川急便は6月28日、日本物流団体連合会が主催する第25回物流環境大賞表彰において、同賞で最多となる4つの取組で受賞したと発表した。

同賞は物流部門で優れた環境保全活動や環境啓発活動、あるいは先進的な技術開発・活用などを行うことにより、環境負荷低減の面から物流業の発展に貢献された事業者等が表彰される。

4つの取組のうち1つ、フジパンやタカキベーカリーなど4社と取り組んだ「九州大分県下のパン共同配送プロジェクト」では、低炭素物流推進賞を受賞した。

<共同配送スキーム>
0628sagawa1 - 佐川急便/物流環境大賞表彰、パンの共同配送等4つの取組で最多受賞

大分県内において複数のパンメーカーの商品を温度管理された共同配送センターと車両でスーパー等小売店へ共同配送するスキームを構築。これによりトラックの運行台数を約36%、CO2排出量を約18.7%削減するとともに、各メーカーの物流コストを約8~10%削減した。

また、西濃運輸と取り組んだ「本州最北端の青森県下北郡向け荷物の共同輸配送」が特別賞を受賞。人口減少地域向けの幹線輸送や配送を共同化することで、持続可能な輸送ネットワークの構築・維持を目指す取り組みだ。これにより、CO2排出量を約53%、トラックの走行距離を約55.8%、トラックの走行時間を約41.8%、ドライバー人数を約44.4%削減した。

<西濃運輸・盛岡支店に佐川急便のトラックが到着する様子>
0628sagawa2 - 佐川急便/物流環境大賞表彰、パンの共同配送等4つの取組で最多受賞

このほか「輸送に使用したストレッチフィルムの再利用」で日本物流記者会賞を受賞。

ユーグレナと取り組んだ「ユーザーも参画する『サステナブル配送プロジェクト』とプロジェクトの仕組みを横展開したトライアスロン大会用品の輸送」で、特別賞を共同受賞した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース