LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





鈴与/尼崎に医療機器専門の物流拠点を稼働、西日本への配送強化へ

2024年07月01日/物流施設

鈴与は兵庫県尼崎市に医療機器を扱う「尼崎メディカルセンター」を開設し、7月1日、稼働開始した。

<尼崎メディカルセンター外観(4階部分)>20240701suzuyo - 鈴与/尼崎に医療機器専門の物流拠点を稼働、西日本への配送強化へ

尼崎メディカルセンターは、医療機器製造業登録倉庫として、輸入手配から在庫保管、流通加工、入出荷対応のほか、検品やラベル貼付など薬機法に基づく製造業務、出荷判定業務まで一貫対応する。

ISO13485:2016認証を取得し、専門スタッフが対応するため、高品質で安定した物流サービスが提供できる。60社以上の医療機器物流・製造業務における経験と実績があり、人体に与えるリスクの低いクラスIからリスクの高いクラスIVのものまで医療機器に関するノウハウが生かせるという。

立地は、阪神高速「尼崎末広IC」から0.7km、大阪港へ15分(13km)。西日本への輸送アクセスに優れ、リードタイムを短縮する。

また、防潮堤や地盤のかさ上げによる水害対策を施し、地震対策としては座屈拘束ブレースを採用。停電に備えて非常用自家発電機を整備し、災害時でも安定したサービスを提供できるようにしている。

物流の2024年問題を巡っては、トラックドライバーの時間外労働に上限規制が適用されるが、特に医薬品や医療機器分野では、配送の遅配や輸送品質の低下は致命的な問題となる。

尼崎に医療機器を専門とした物流拠点を構えることで、西日本への医療機器の安定した配送と利便性の向上につなげる狙い。

■施設概要
名称:鈴与 尼崎メディカルセンター
所在地:兵庫県尼崎市末広町1-5-1
ESR尼崎ディストリビューションセンターOffice C4階
倉庫延床面積:5450m2
稼働開始:2024年7月1日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース