LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





三井倉庫/いすゞロジスティクスと物流環境大賞「特別賞」共同受賞

2024年07月02日/3PL・物流企業

三井倉庫は7月2日、日本物流団体連合会が主催する第25回物流環境大賞において、いすゞロジスティクスと「特別賞」を共同受賞したと発表した。

既存の物流スキームに三井倉庫の横浜港内の物流施設をコンテナデポとして活用したコンテナのラウンドユースにより、CO2排出量の削減、ドライバーの拘束時間の短縮を実現したことが評価された。

<左から物流連 真貝康一会長、いすゞロジスティクス 海外物流事業室 利根川弘一 室長補佐、三井倉庫 関東支社営業部 安原賢太 部長>
0702mitui1 1 - 三井倉庫/いすゞロジスティクスと物流環境大賞「特別賞」共同受賞

2社の取組は、横浜港を利用する輸入コンテナの空コンテナの一部を三井倉庫の物流施設で一時保管を行い、いすゞロジスティクスの輸出コンテナで使用するコンテナラウンドユースを実施するもの。

<スキーム図>
0702mitui2 - 三井倉庫/いすゞロジスティクスと物流環境大賞「特別賞」共同受賞

空コンテナを横浜港に返却せず、いすゞロジスティクスの輸出貨物の運搬に使用することで、横浜港で空コンテナをピックアップする従来の作業スキームよりも短い走行距離で空コンテナを利用することが可能となった。

三井倉庫は「社会をとめない、進化をつなぐ」というパーパスのもと、これからも経済や人々の生活を支える重要なインフラとしての役割を担っていくとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース