LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友大阪セメント/名古屋港の物流拠点増強

2012年12月12日/物流施設

住友大阪セメントは12月12日、名古屋港サービスステーションのセメントサイロ新設等を増強し、12月1日より稼働したと発表した。

<新サイロ>
20121212sumitomo - 住友大阪セメント/名古屋港の物流拠点増強

名古屋港SSの貯蔵、出荷能力増強を目的に、2011年10月より増強工事を進めていたもので、2012年11月に竣工していた。

セメントサイロの新設と荷役・出荷設備の増強により、普通セメントのみだった同SSの製品ラインナップを多品種化し、積込と同時に計量を行うことができる直下式トラックスケール設置により、効率的で利便性の高い出荷対応が可能となった。

名古屋港サービスステーション概要
所在地:名古屋市港区空見町33
サイロ基数:3基(従来2基)
セメント貯蔵能力:38,000トン(従来20,000トン)
取扱品目:普通セメント、特殊セメント(従来普通セメントのみ)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース