JR貨物/8月のコンテナ貨物輸送量0.8%増

2014年09月11日 

日本貨物鉄道が9月10日に発表した8月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は163万8000トン(前年同月比0.8%増)、車扱は68万9000トン(2.2%減)となった。

コンテナ貨物は、北海道産野菜の好調な出荷が寄与した農産品・青果物、鉄道へのモーダルシフトが進む積合せ貨物や食料工業品のほか、堅調な国内生産により化学薬品、化学工業品等が前年を上回った。

一方、自動車部品が海外調達および現地調達化の進展、エコ関連物資が災害廃棄物輸送の終了により、それぞれ前年を下回った。結果、コンテナ貨物全体では前年比0.8%増となった。

車扱貨物は、セメント・石灰石が前年を上回ったものの、石油が北海道での輸送終了により減送となり、車扱貨物全体では前年比2.2%減となった。

青森・山口地区の大雨と台風11号上陸に伴う影響、さらに7月から8月7日まで続いた台風8号による中央西線不通に伴い、月全体では高速貨193本、専貨22本が運休となった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集