日本郵船、MTI、JMU/1万4000TEU型コンテナ船で共同研究

2016年02月25日 

日本郵船とMTIとジャパン マリンユナイテッド(JMU)は2月25日、JMUで竣工した1万4000TEU型コンテナ船「NYK BLUE JAY」をはじめとして今後シリーズで竣工する同型船の共同研究に2月22日合意したと発表した。

シリーズ1隻目となる「NYK BLUE JAY」は、本船建造段階から船主の協力を得て、JMUに対して技術的なアドバイスを行った。

今後は運航に関する諸データを本船から収集・蓄積し、ビッグデータの解析を図るとともに、JMUへ解析結果のフィードバックを実施する。

船舶の運航データを陸上でもリアルタイムに把握できるようになり、共同研究ではMTIが開発したSIMS2を本船に設置し、取得したビッグデータを日本海事協会が昨年12月に設立した「シップデータセンター」に蓄積・活用することで、運航の効率性や船舶の安全性を追求していく。

推進性能の解析による省エネへの貢献として、航海中の推進性能を把握し、プロペラの高効率化等を図る。

船体構造応力モニタリングで安全性を追求として、シリーズ全船に搭載したHull Stress Monitoring装置により、実海域での船体の応答データを蓄積・活用する。

機関プラントの重大事故防止では、機関プラントを監視するための新たな手法を構築し、機関の詳細なデータを収集、モニタリングする、としている。

将来的には共同研究パートナーを増やしていき、研究の質を高めることで、ビッグデータをさらに活用しやすいものにしていく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集