LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

GROUND/宮田啓友社長 トップインタビュー

2016年02月26日/物流最前線

―― 需要予想しているのですか。
宮田 需要予想のような膨大なデータを処理するようなものではなく、マイニング(潜在的な顧客ニーズを採掘する作業)することで、その時点の分析を常に行っているものです。ソフトの力ですね。

―― クラウドで展開します。
宮田 そうです。ですから、パッケージとして標準化もできていることから、1時間もあればセットアップできます。極端ですが、自宅から遠隔操作で対応することも可能です。もちろん日本語にも対応し、英語、中国語の3か国語に対応しています。

―― 日本での導入時期は。
宮田 6月を予定し、全国規模で展開しますので、営業、導入、保守等はパートナー企業と最終的な詰めをしています。中国などに進出している日系企業に対しては、グレイオレンジと話し合っている最中です。

―― 現在の引き合いは
宮田 かなりの引き合いがあり、2016年度はおそらく数百台規模の導入となると思われます。職種はやはりEC関係が多く、アパレル、コスメ、医療機器、日雑品などの企業に興味を持たれています。大手物流事業者とも話しをしています。

―― 販促策については。
宮田 お客様の多くは実際に見てみたいという要望も強く、近いうちにショールームを開設する準備を進めています。数台を動かしてデモを実演するつもりです。また、現在の動画は古いので新しい動画も作成して、誰でも見ることができる環境づくりを図っていくつもりです。

<Intelligent Logisticsの全体像>
20160225ground3 500x355 - GROUND/宮田啓友社長 トップインタビュー

<Intelligent Logisticsを熱く語る宮田社長>
20160225ground4 500x334 - GROUND/宮田啓友社長 トップインタビュー

<前へ 次へ> 1 2 3 4

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

トップインタビューに関する最新ニュース

最新ニュース