福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

2016年09月05日 

福井県とヤマト運輸は9月5日、福井県のブランド発信と観光PRを目的として、官民一体となって取り組む「連携協定」を締結したと発表した。

<ご当地送り状(依頼主控え)>
20160905yamato1 500x252 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

<届け先(見どころ紹介)>
20160905yamato2 500x229 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

<ご当地手提げ袋>
20160905yamato3 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

<宅急便コンパクト専用のご当地BOX>
20160905yamato4 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

<福井県特産品詰め合わせセット>
20160905yamato5 500x375 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

<締結式の様子 写真左よりヤマト運輸のキャラクター「クロネコ」、ヤマト運輸の松田 守弘福井主管支店長、福井県の佐々木 康男観光営業部長、福井県公式恐竜ブランド「ジュラチック」キャラクター「サウタン」、「ラプト」、「ティッチー」>
20160905yamato6 500x318 - 福井県、ヤマト運輸/ブランド発信と観光PRで協定

福井県とヤマト運輸は、それぞれが有する人的・物的資源を有効活用することで、今後行われる、福井しあわせ元気国体や北陸新幹線の県内開業に向け、さらなる県の観光PRや観光客のおもてなしに官民をあげて取り組んでいくとしている。

主な取り組みには、「恐竜王国福井」や県の観光情報などをPRする2種類の送り状を作成する。1枚目の依頼主控えに福井県公式恐竜ブランドキャラクター「ジュラチック」、届け先に届く貼付票には県の見所やグルメ情報を掲載したオリジナルの複写式送り状を作成する。

ヤマト運輸の営業所に設置されている店頭端末「ネコピット」印字用送り状にも「恐竜王国福井」の広告を掲載している。9月5日より使用を開始し、これらの送り状で荷物を発送することにより、全国に向けて福井観光の魅力をPRする。

「ジュラチック」や福井県の観光地などをデザインしたご当地手提げ袋と、小さな荷物を手軽に送ることができる「宅急便コンパクト」専用のご当地BOXを作成し、JR福井駅西口再開発ビル「ハピリン」の「ウェルカムセンター(福井市観光案内所)」の宅急便荷受カウンターや、県内26か所のヤマト運輸の営業所などで販売する。手提げ袋は9月下旬より、「宅急便コンパクト」専用ご当地BOXは11月より販売開始予定。

「宅急便コンパクト」を利用し、越前そばや福井梅、羽二重餅などの県特産品の詰め合わせセットを開発し、9月中旬から「ハピリン」1階「かゞみや」で販売を予定している。また、11月からはジュラチックをデザインしたご当地BOXを使用する。お土産として全国各地に「宅急便コンパクト」で発送することも可能。

「ハピリン」の「ウェルカムセンター」の宅急便荷受カウンターにて、午前中預かった荷物を福井県内の宿泊施設へ当日中に届ける手ぶら観光サービスを行なっている。今後は県内各地で受付拠点を増やし、顧客が手ぶらで観光するためのサービスを拡充するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集