川崎近海汽船/定期用船契約期限前解約、特別損失計上

2017年10月27日 
関連キーワード:

川崎近海汽船は10月27日、定期用船契約の期限前解約を決議し、特別損失を計上すると発表した。

外航船の船隊規模の適正化の一環として、高コストの用船契約につき、船主と期限前の解約による返船の交渉を進めていたが、解約金を支払い期限前に解約することで合意した。

解約による損失(約6億4600万円)を2018年3月期第3四半期(2017年4月1日~2017年12月31日)の期間での連結決算の特別損失に計上する。

■期限前解約の内容
解約先:海外の第三者法人
解約時期:2017年11月20日予定
解約金額:米貨約587万ドル(約6億4600万円)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集