日立物流、KDDI/5G用いた次世代物流センター構築へ実証実験

2019年10月28日 

日立物流とKDDIは10月28日、第5世代移動通信システム「5G」を活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始すると発表した。

<5Gの特徴>

実験期間は、11月~2020年10月まで。

5Gを活用し、各種センシングやAIによる画像認識技術などを駆使することで、作業者一人ひとりの動態をリアルタイムで把握し、安全・安心な職場環境を構築。また、倉庫内の状況変化を一元で管理、監視し統制することで、運営全体の最適化を目指す。

日立物流が取り組む内容としては、首都圏地区の物流センターに5G環境を構築し、実フィールドでの各種実証実験を実施する。

AIによる行動認識で作業者の健康状態や動態をリアルタイムに把握し、不安全行動や危険区域への侵入などを自動判別し、注意喚起を行う。

また、高精細カメラやウェアラブルデバイスなどを複合的に活用し、作業者と倉庫の詳細を可視化。管理者が統制センターからリアルタイムに指示を出せることで、作業者の庫内最適配置を実現し、運営の効率化と整流化を図る。

そのほか、画像認識技術やAI技術などを利用した高速・精緻な商品認識・ラベル認識によって、各種検品作業などを高速化・省人化していく。

KDDIはビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を活用した基礎技術の実証を行う。

日立物流は、中期経営計画「LOGISTEED 2021」で、物流領域を超えた協創による「スマートロジスティクス新技術開発と現場への実装加速」を進めており、KDDIは5Gの特性を用いた物流領域での新しい価値創出と、AIによる画像認識技術などを利用した高速・精緻な商品認識による物流業務の高速化・省人化を実現するソリューションの構築を目指している。

今後、両社は実証実験を通してそれぞれのノウハウを持ち寄り、5Gを用いた次世代物流センター構築に向けて、効果的・複合的なソリューションの開発・現場実装を加速していくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集