ZMP/無人フォークリフト新タイプの動画を公開

2020年04月06日 

ZMPは4月6日、2020年2月14日に受注を開始した無人フォークリフトCarriRo Forkの新モデル、リーチタイプの機能や走行を紹介する動画をZMPホームページで公開した。

<CarriRo Forkで約5.6mの高さの棚へパレットを無人で格納している様子>
CarriRo Forkで約5.6mの高さの棚へパレットを無人で格納している様子

<動画>

大きな特長として、「マストの最大揚高5.6m」、「3.2mの通路幅で走行&作業が可能」、「爪の幅が8段階調整できるため様々なタイプのパレットに対応」、「有人でのマニュアル操作も可能」、という点を挙げている。

さらに、CarriRo Forkが外部機器と連携することにより、様々な運用の可能性が広がり、物流センターや倉庫、及び工場内のパレットの完全無人搬送を実現できる。

<連携運用>
連携運用

連携運用では、AGV連携として、物流支援ロボットCarriRo® AD+(自律移動モデル重量版)との連携により低コストで構内のパレット搬送作業を無人に実現できる。

設備連携では、PLC(Programmable Logic Controller)などの外部機器を制御する装置と連携し、エレベーターの乗り降りや、自動倉庫、リフター、コンベヤなどへの荷物の移載を自動で行うことができる。

システム連携では、既存の倉庫内・工場内のシステムと連携させて、人手を介在することなくシームレスな無人運転を実現することができる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集