ライフ/堺市の低温物流センターを畜産品加工施設に改修

2020年04月07日 

ライフコーポレーションは4月6日、堺市堺区に畜産品加工拠点「ライフ堺プロセスセンター」を開設し、4月から本格稼働を開始したと発表した。

<ライフ堺プロセスセンター>

<位置図>

新施設は、旧ライフ堺低温物流センターを改修し、1.5倍の面積に拡大。従来、ライフ南港プロセスセンターから供給してきた畜産加工品の供給機能を移設し、畜産品に特化した施設を構築した。

■ライフ堺プロセスセンターの概要
所在地:堺市堺区築港八幡町1-39
稼働日:3月5日(4月から全カテゴリ稼働)
構造:鉄骨造2階建て
敷地面積:1万3612m2
延床面積:1万1378m2
取扱品目:畜産生肉のスライス・カット加工、ひき肉製造、畜産加工品(ハンバーグなど)製造

最新ニュース

物流用語集