日通/米国物流会社子会社化で医薬品物流ネットワーク獲得

2020年05月22日 

日本通運は5月22日、米国日本通運を通じて、米国の物流会社 MD
Logistics, Inc. および MD Express, Inc.(併せて「MD社」)の全ての出資持分を取得することについて、5月22日にMD社の出資者らと合意し、持分譲渡契約を締結したと発表した。

MD社は、米国インディアナ州を本拠地とし、主力の医薬品産業向け物流事業において同国内で確固たる地位を築いている。

株式取得により、世界最大の医薬品市場である米国内の医薬品物流ネットワークを獲得することとなる。さらには、日通の国際間輸送ネットワークとの接続により、米国全土と海外を一貫した物流品質管理のもとで結ぶことができる。

また、MD社とは互いに異なる顧客基盤を持つことから、医薬品物流の機能のみならず販路を補完し合うことができる。今後、一体となって創りだすシナジーを最大限に活かし、より高品質なサービスを、世界の顧客に提供できるよう目指していくとしている。

なお、日通グループは、2019年度より開始した「日通グループ経営計画 2023-非連続な成長“Dynamic Growth”」において医薬品産業を重点産業と位置付け、日本でも2018年12月に厚生労働省より発出されたGDPガイドラインに基づく品質管理を実現する倉庫・配送機能への投資を実行するなど、国内外での体制整備を着々と進めている。

■MD社の概要
商号:MD Logistics, Inc. MD Express, Inc.
所在地:1301 Perry Road, Suite 101 Plainfield, Indiana 46168
事業内容:倉庫・流通加工 国内輸送
創業年:1996年
従業員数:約270名
直近事業年度における業績(2019年12月期)
売上高計 5100万米ドル(約55億円)

最新ニュース

物流用語集