ヤマトHD/世界的なESG投資指数の構成銘柄企業に選定

2020年07月09日 

ヤマトホールディングスは7月9日、英国 FTSE Russell社が提供する ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の世界的インデックス「FTSE 4Good Index Series」、並びに「FTSE Blossom Japan Index」 の構成銘柄企業に選定されたと発表した。

FTSE Russell社はコーポレートガバナンス、健康と安全性、腐敗防止、気候変動といった分野について評価しており、FTSE4Good Index Series 並びに FTSE Blossom Japan Index の構成銘柄企業は、投資対象としてESGに関する様々な基準を満たしていると客観的に判断している。

ヤマトホールディングスは、本年1月23日に発表した中長期の経営のグランドデザイン「YAMATO NEXT100」の中で、「サステナビリティの取り組み~環境と社会を組み込んだ経営~」を重要な基盤構造改革に位置づけ、持続可能な社会の実現に向けて注力していくことを掲げた。

また、持続可能な 未来を切り拓くため、環境と社会について 2 つのビジョンを掲げるとともに、重要課題(マテリアリテ ィ)を特定した。今後、このマテリアリティに基づく目標値や実施計画を策定し、その計画を着実に進めていくことで、さらなる企業価値の向上と、持続可能な社会の発展を目指していくとしている。

なお、「FTSE Russell」はロンドン証券取引所が100%出資する企業で、インデックスの作成・管理をはじめとする投資判断ツールを世界規模で展開するグローバルインデックスプロバイダー。

最新ニュース

物流用語集