ニチレイロジ/タブレット検品に画像解析AIソリューション導入

2020年07月13日 

ニチレイロジグループは7月13日、撮影画像からAIを用いて賞味期限を自動で読取るソリューションの実証実験を終え、全国の拠点へ実導入を開始したと発表した。

<タブレット検品に賞味期限読取AIソリューション導入>
タブレット検品に賞味期限読取AIソリューション導入

ニチレイロジでは庫内作業のフルデジタル化を目標に掲げ、その一環として作業のタブレット化に取り組んできた。今回のAIソリューション導入はその機能拡充を目的とした施策となる。

これまで手動で行われていた賞味期限入力業務を、AIソリューションにより93%以上という高い読取精度と約2秒という高い処理速度で、手入力することなく完結する。その結果、更なる品質管理向上に繋がることはもちろん、賞味期限画像の記録化やオペレーション簡素化による業務の「誰でもできる化」への転換や、「ストレスフリー」な作業運営を実現する事が可能となった。

また、今回のソリューションを開発したAutomagiとは、以前より画像解析AIの実証実験を行うことで協業しており、今回の取組みもそれらの試みの一環となる。

今後もニチレイロジグループでは、労働力不足が懸念される中、この様なデジタル化や効率化を目標とした業務革新を進めることで、顧客のサプライチェーンを支える持続可能な物流の実現に取り組んでいくとしている。

最新ニュース

物流用語集