アマゾン、ライフ/関西で生鮮食品ECに着手、まずは大阪市内

2020年07月16日 

アマゾンとライフコーポレーションは7月16日、ライフの生鮮食品や惣菜をオンラインで販売・配送するサービスについて、関西エリアでの提供を開始した。

<配送時間は12~22時まで2時間単位で指定可能>

<生鮮食品や惣菜、パン等、合計数千点の商品を購入できる>

このサービスは、2019年9月に東京都の一部地域で開始し、現在は23区と4市(狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市)で提供している。

今回、新たに大阪市の16区(阿倍野区、生野区、北区、城東区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、東住吉区、東成区、福島区、港区)を対象エリアに加え、関西エリアでのサービス提供に着手した。

今後は、関東、関西で配送エリアを順次拡大していく予定。

最新ニュース

物流用語集