鈴江コーポレーション/横浜市に危険品立体自動倉庫建設

2020年07月16日 

鈴江コーポレーションは7月16日、横浜市金沢区の新杉田埠頭倉庫営業所で、危険品立体自動倉庫の建設に着手すると発表した。

<完成予想図>

<内部構造>

新倉庫では、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて需給のひっ迫するおそれがある、医薬品や医薬部外品、衛生品の原材料を保管する。

新杉田埠頭倉庫営業所は、2万3000トンの船舶を繋船可能な桟橋を有しており、本船での入出庫作業が可能。2万3000m2の敷地内には、タンク設備、危険品倉庫、動植物油脂倉庫、普通品倉庫があり、消防法第四類危険物・劇毒物・指定可燃物等、危険品に特化した拠点となっている。

■危険品立体自動倉庫の概要
構造:鉄骨造・高さ20.65m
敷地面積:590.15m2
荷姿:ペール缶、ドラム缶
保管貨物:消防法第四類に対応した物品
保管量:1580パレット
地震対策:制振ダンパー・制振ストッパーを採用
浸水対策:腰壁・制御室等を1m嵩上げ・塩害仕様
竣工:2022年5月(予定)

最新ニュース

物流用語集