ESR/横浜市金沢区に19.5万m2のマルチテナント型物流施設着工

2020年07月16日 

ESRは7月16日、は神奈川県横浜市金沢区幸浦に敷地面積9万280m2・延床面積19万5270m2の4階建てマルチテナント型物流施設「ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1」(横浜幸浦 DC1)を2022年1月末竣工に向け着工したと発表した。

<「ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1」完成イメージ >
「ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1」完成イメージ

<位置図>
位置図

横浜幸浦 DC1 は、横浜市金沢区幸浦の東京湾に面した立地で、首都高速道路湾岸線「幸浦 IC」より 1km、横浜港より15km、羽田空港より30km、東京港より40km、横浜中心部に近く、東京都心まで 45km、と日本の物流・国際貿易・経済にとり大変重要なエリアに位置。需要の勢いが増すe-コマースや輸出入を伴う工業製品の高いニーズに対応できる希少な立地となっている。

さらに、2025年に開通予定の圏央道・横浜環状南線(戸塚IC〜栄JCT〜釜利谷JCT)により圏央道に直結し、東名高速道路他、主要幹線道路へのアクセスが格段に向上するため、首都圏のみならず全国広域への物流拠点として強みを有している。

最寄り駅は、横浜シーサイドライン「並木北」駅から700m・徒歩9 分と通勤に便利で、横浜市及び近郊の豊富な労働人口を背景に雇用確保にも優位な立地。

同敷地内に物流施設2棟を建設する計画で、第2期は2021年6月着工・2023年1月末竣工、敷地面積9万282m2、延床面積19万5000m2を予定している。

総投資額は1期・2期合計で約1000億円を見込んでいる。

建物は、物流オペレーションの効率性と安全性を重視した建築計画としている。上り・下り専用のランプウェイを結ぶ中央車路・バース式によって、各階にワンウェイでアクセスでき、物流効率性と安全性を重視した建築計画としている。

荷物の積み下ろしのためのトラックバースは、1階南側は低床式、北側は高床式、2・3・4 階は高床式とし、1階55台分、2~4階各 50台分、合計205台分を配置する。1階低床バースのシャッターはウィング車(側面の扉が開き荷物を両サイドから積み下ろし出来るトラック)のオペレーションにも対応できるよう、高さ5.3mを確保している。また、敷地内に港からのコンテナ需要に対応できる大型トレーラー待機場54台、トラック待機場4台も完備する。

倉庫部分は有効面積を広く活用でき、より効率的な保管と作業を可能にする設計にした。最小賃貸区画は約920坪(3036m2)、小割フロアも設け、最大34テナントへの分割が可能。重量のある大型荷物にも対応できるよう、1階は2.0t/m2、2~4階は1.5t/m2の床荷重を確保し、全ての階で2.5tのフォークリフトが走行可能。免震構造のため柱の大きさは90cm×90cmとし、柱スパンは間口11m×奥行き11.1mと使い勝手を考えたワイドスパンを実現。

事務所は車路を通行せずに外部から直接アクセスできるように南北のセンターに配置し、安全な人の導線を確保している。特別高圧電力の供給により、ロボティクス、マテハン、人用空調、ハイスペックなシステム導入など多様なニーズに応えることができる。

<休憩ラウンジの「KLÜBB Lounge」北>
休憩ラウンジの「KLÜBB Lounge」北

<「KLÜBB Lounge」南>
「KLÜBB Lounge」南

<BBQも楽しめる屋上の「KLÜBB Sky Deck」>
BBQも楽しめる屋上の「KLÜBB Sky Deck」

<パウダールーム>
パウダールーム

<託児所「BARNKLÜBB」>
託児所「BARNKLÜBB」

また、ESRの基本理念である「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づき、施設利用者用の休憩ラウンジ「KLÜBB Lounge」(4階)と東京湾を一望できBBQも楽しめるスカイデッキ「KLÜBB Sky Deck」(屋上)を設け、ラウンジ内のショップ「KLÜBB shop」は24時間365日利用できるよう夜間に無人売店システムを導入予定だ。

1階には広い園庭と子どもの創造力を育む空間デザインのESRの託児所「BARNKLÜBB」を設ける。また、女性のためのアメニティとして、個別ブースを備え座ってメイク直しなどができるパウダールームも数か所に配する。さらにドライバー休憩室やシャワー室も完備し、多目的スペースも設置する予定。

通勤の利便性をサポートするため、普通自動車480台・バイク/自転車200台の駐車スペースも確保する。

<庫内配置図>
庫内配置図

さらに、環境への取り組み、BCP(事業継続計画性)対策では、再生可能エネルギーを積極的に活用し、省エネルギーで将来を見据えた持続可能な設備計画をしている。

CASBEE Aの基準を満たし、認証も取得予定で、全館LED照明、トイレ・喫煙室・共用部に人感センサーを設置し不使用時は消灯するなど環境配慮型照明システムの導入や、屋上に太陽光発電システムを設置する計画だ。

また、敷地北側にはこの地で30年余たくましく育ってきた豊かな樹木と池を保存するビオトープエリアを設置。これはESRの自然と共生する物流施設の実現への取り組みで、ABINC認証も取得予定。

BCP対策として、非常用自家発電設備を設置し、停電時でも一定時間、防災センター、人用エレベーター、トイレ等が使用可能。また、免震構造により、従業員と荷物を地震発生時のリスクから守る。

横浜幸浦 DC1は ESRにとって全国で25件目、神奈川県ではは「レッドウッド生麦DC」、「ESR 川崎夜光 DC」(2021年4月末竣工予定)、「ESR 茅ヶ崎 DC」(2021 年6月末竣工予定)に次ぎ、4件目の着工となる。

ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は「「横浜幸浦 DC1はESRとして初の免震構造の施設。より快適に過ごしていただけるよう、託児所、ラウンジ、スカイデッキ、ショップなど充実したアメニティに加え、日本の経済成長とともに、30 年以上生き抜いてきた豊かな植栽に引き続き息吹を与え、季節の移ろいも楽しんで頂ける空間も作る。また、近隣地域の雇用創出などで地域経済にも寄与し、地域との共生も目指す」とコメント。

さらに「6月末にアジア最大の尼崎 DCが竣工したばかりだが、ESRグループ内でも最大規模の横浜幸浦 DC1を着工できたことは大変喜ばしいこと。さらに進化する物流施設の完成にご期待を」と述べている。

■施設概要
名称:ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目1-8
敷地面積:9万280m2
延床面積:19万5270m2
用途地域:工業地域
構造:地上4階建 PCaPC造 免震構造
竣工:2022年1月31日(予定)
総投資額:約1000億円(1期・2期合計)
企画設計:マスタープラン・基本計画:ESR(スチュアート・ギブソン、武田諭、山﨑拓生)
設計・施工:塩浜工業
(ラウンジ・託児所デザイン):タカトタマガミデザイン (ランドスケープデザイン)渡辺美緒デザイン事務所
アクセス:(車)首都高速道路湾岸線 「幸浦 IC」より 1km
     (電車)横浜シーサイドライン 「並木北駅」より700m(徒歩9分

最新ニュース

物流用語集