荏原/サプライチェーン強化でベトナムに物流センター設置

2020年08月19日 

荏原製作所は8月19日、標準ポンプのグローバルサプライチェーン強化の一環として、ベトナムにディストリビューション(物流)センターを設置したと発表した。

<ベトナムのディストリビューションセンター外観>
ベトナムのディストリビューションセンター外観

東南アジアでのディストリビューションセンターは、ベトナムの工業団地にある保税倉庫を利用している。従来、イタリアの荏原グループの工場で生産された標準ポンプは、東南アジアに6社ある販売子会社それぞれに出荷されていたが、センターで在庫し、各社へ出荷する。

ディストリビューションセンターの設置により、納期短縮、地域内在庫の圧縮、適性在庫の管理を促進し、各国の市場へ効率的に製品が供給できる。

今後、ディストリビューションセンター近傍に、ノックダウンセンター(組立施設)の設置を計画している。ディストリビューションセンターに部品を在庫することで、より柔軟に需要への対応が出来るようになる。また、現地調達を含むサプライチェーン全体の強化を図るとしている。

なお、ディストリビューションセンターの概要は非公表となっている。

最新ニュース

物流用語集