パナソニック/ソフトバンクの実証実験にIoT宅配ボックス提供

2020年08月27日 

パナソニックは8月27日、ソフトバンクが2020年度中の事業化を目指す「IoT宅配ボックスサービス」の実証実験に、IoT宅配ボックスを供給すると発表した。

<IoT宅配ボックスはスマホで開錠操作が可能>

提供するIoT宅配ボックスは、ビットキーと共同開発した。ビットキーが開発し特許を取得しているデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」を活用し、高セキュリティなデジタル認証を実現したことで、Bluetoothでスマートフォンから解錠することができる。

将来的には、ソフトバンクのサービスとして初期費用不要のサブスクリプションモデルでユーザーに展開することを目指す。

ソフトバンクの実証実験では、同社の社員に簡易設置型IoT宅配ボックスと、宅配ボックスの解錠や配達日時・状況の確認を行える専用アプリを提供し、システムの実用性やユーザーの利便性を検証する予定。

最新ニュース

物流用語集