三菱倉庫/NY向けリアルタイム・トレーサビリティの実証実験実施

2020年09月14日 

三菱倉庫は9月14日、LOZIと共同で、ニューヨーク向け鮮魚の航空輸送でリアルタイム・トレーサビリティの実証実験を行ったと発表した。

三菱倉庫は、国内外の関係会社や代理店と連携し、グローバルな航空輸送サービスを展開している。生鮮食品や医薬・医療関連の取扱いも多く、輸送品質の向上を目的として、現在、輸送状況をリアルタイムにご提供できる体制(リアルタイム・トレーサビリティ)の構築に取り組んでいる。

<概念図>
概念図

<画面イメージ>
画面イメージ

計画を進める中で、単一のQRコードによって多くのデータを共有、管理することができ、取扱いがシンプルなLOZIのSmartBarcodeに着目し、同社と共同で実証実験を行ったもの。

SmartBarcodeとは、LOZIがQRコードをベースに開発した「入力可能な可変識別コード」で、スマートフォンにより情報の読み取り、入力が可能。

実験は、顧客に協力してもらい、7月下旬、東京・豊洲市場からニューヨークの日本食レストランへ鮮魚を輸送する際に行った。鮮魚の輸送ケースにSmartBarcodeを貼付して輸送し、行程上のトラッキングポイント(約10か所)において、各担当者が輸送ケースのSmartBarcodeをスマートフォンで読み込み、輸送状況に関する情報をデータベースに格納した。これらの情報やデータをチェックし、事前に設計した情報処理フローの妥当性やシステムの動作状況を検証した。

主なトラッキングポイントは、豊洲市場(集荷時)、成田空港(上屋搬入時)、輸出通関、ニューヨーク・JFK空港での輸入通関、お届け先への配送、納品。

輸出入許可は、通関担当者がインボイス上に貼付したSmartBarcodeから入力した。フライト中は、フライトスケジュールを自動取得し、トレーサビリティシステム上に表示した。成田空港の上屋搬入時とニューヨークでの現地配送の出発時には、スマートフォンで輸送ケースを撮影し、画像をシステムにアップロードした。

実験では、顧客、お届け先、三菱倉庫の三者が輸送状況をリアルタイムに把握、共有できることができ、顧客からも高い評価を得た。今後の実用化に向け、実証実験で得られたデータや課題を引き続き検証するとともに、ユーザビリティの向上と輸送中の位置情報を管理する機能の追加に取り組む。また、生鮮食品と同じく、トレーサビリティが重視される医薬品、特殊化学品、精密機器等の航空輸送への応用についても検討するとしている。

最新ニュース

物流用語集