Yper/滋賀県大津市がコロナ&環境対策でOKIPPA採用

2020年09月24日 

Yperは9月24日、簡易宅配ボックス「OKIPPA(オキッパ)」が滋賀県大津市の新規事業「宅配バッグ普及事業」に採用され、住民2000世帯に提供されることが決定したと発表した。

<大津市で配布される「宅配バッグ普及事業」のリーフレット>
宅配バッグ普及事業

「宅配バッグ普及事業」は大津市の環境部が主導する「新しい生活様式」の定着を踏まえた環境負荷低減対策で、大津市民がOKIPPAを購入する際、先着2000個分の購入額の一部を市が負担し導入を支援するもの。財源には「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」が活用される。

大津市では、置き配による非対面配送受け取りが新型コロナウイルスの感染拡大防止につながるとともに、再配達削減による環境負荷低減効果が見込めることから、OKIPPAの採用を決定した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集