三菱ふそう/名鉄運輸の新物流拠点にEV小型トラック5台納車

2020年09月24日 

三菱ふそうトラック・バスは9月16日、名鉄運輸が大阪市淀川区に開設した「名鉄トラックターミナル関西」に、電気小型トラック「eCanter」の新型モデル5台を納車した。

<名鉄トラックターミナル関西に納車したeCanter>

名鉄運輸では、2019年から計7台の「eCanter」が東京都内と愛知県内で稼働しており、今回の納車で合計台数は12台となった。

同社はグループ全体で環境負荷の軽減に取り組んでおり、騒音や排出ガスがない電気トラックである「eCanter」を集配用トラックとして選定。集配作業で使用する中で、その使い勝手の良さを評価し、今回新たに5台が導入されることになった。

「eCanter」は2017年の発売開始以来、関東地方や東海・北陸、山陰地域で稼働しており、関西地区で納車されるのは今回が初めて。

最新ニュース

物流用語集