ACSL/VAIO子会社と物流ドローンを共同開発

2020年11月10日 

自律制御システム研究所(ACSL)は11月10日、VAIOの子会社であるVFRと、国内で本格的に社会実装が可能な物流ドローン用機体の共同開発に着手したと発表した。

<ACSLの物流用ドローン「PF2」>
物流ドローン

ACSLは、山間部や離島等でのドローン物流の社会実装に向けて、輸送能力が最大5kg程度で飛行距離が20km程度の中型物流ドローンの開発と量産化を目指している。

一方で、こうした要件を満たすドローン機体の開発・製造には技術的な課題が多くあることから、VAIOを親会社に持つVFRとの共同開発によって、VAIOのPC事業で培った高度な設計・製造技術や、国内外のサプライチェーンのマネジメント能力等の強み、EMS事業におけるドローンの本格的な量産等から得られた知見を生かし、中型物流ドローンの早期開発を目指す。

ACSLとVFRは、5月に産業用ドローンの本格的な普及のための課題解決を目指して協業を開始。用途特化型の新機体の共同開発に向けてディスカッションを重ねる中で、労働力不足解消に向けたニーズが高い物流用機体の開発を行うことを決定した。

最新ニュース

物流用語集