パナソニック/神奈川県藤沢市で自動配送ロボットの公道実証実験

2020年12月07日 

パナソニックは12月7日、神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で、小型低速ロボットを使った住宅街向け配送サービスの実証実験を実施すると発表した。

<Fujisawaサスティナブル・スマートタウンを走行するロボット>
Fujisawaサスティナブル・スマートタウン

パナソニックの自動配送ロボット

実証実験は2段階に分けて実施。11月25日~12月24日までのフェーズ1では、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン内の「湘南T-SITE」からアクティブパーク南側の住宅街周辺を走行し、公道走行時の技術を検証するとともに、課題の抽出を図る。

湘南T-SITE内に遠隔管制センターを設け、同センターと自動走行ロボットを公衆インターネット網で接続し、管制センターのオペレーターが周囲の状況を常時監視ながらロボットを走行させる。自動走行ロボットは障害物を回避しながら自律走行し、自動回避が困難な状況では管制センターからの遠隔操作に切り換える。

また、2021年2月~3月に予定しているフェーズ2では、Fujisawaサスティナブル・スマートタウンの住民に実証サービスを提供し、ロボットを利用した配送サービス体験に対する受容性を検証する。実証サービスでは、スマートフォンのアプリを用いて荷物や商品の非対面受け渡しを行う。また、遠隔管制センターからロボットを介して住民に話しかけ、対話機能によるコミュニケーションを図る。走行ルートや遠隔管制センターの設置場所は、フェーズ1の結果を踏まえて後日決定する。

なお、今回の研究開発と実証活動の一部は、NEDOによる「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の補助を受けて実施する。

最新ニュース

物流用語集