ZMP、ENEOS/宅配ロボによるデリバリーインフラ構築で協業

2020年12月16日 

ZMPは12月16日、無人宅配ロボットを活用したデリバリーインフラ構築と実用化に向けて、ENEOSホールディングスと協業に関する契約を締結したと発表した。

<ENEOSと実現するRoboTown佃のイメージ>
RoboTown佃

<無人宅配ロボ「デリロ」>
デリロ

協業では、無人宅配ロボ「DeliRo(デリロ)」をサービスステーション(SS)などに配備し、食料品や日用品など複数店舗の商品を同時に一般消費者へ配送する独自のデリバリーインフラの構築を目指す。

その第1弾として、ZMPが「RoboTown」構想として掲げる東京都中央区佃・月島エリアでのデリロを活用した稼働率や収益性などのビジネス性検証、宅配プラットフォームとの連携やロボット公道走行などの技術検証のための実証を行う。

また、同実証ではロボットの充電で東新エナジーが協力し、同社のDr. Drive月島サービスステーションを充電拠点として提供するとともに、デリロを配備しデリバリー拠点としても利用する。

ZMPは、実証実験を通じて同事業の技術的・ビジネス的課題を抽出し、2022年を目途に最適なシステム・ビジネス等の設計・構築を行い、安心・安全・低コストで実用的なデリバリーインフラの提供を目指す。また、デリロの公道走行の実用化に向けて、ENEOSとの協業体制を通じて法規制の整備を積極的に関係各省庁へ働きかけていくとしている。

 

最新ニュース

物流用語集