CRE/塚本郵便逓送が富山に専用倉庫を新設した理由

2020年12月18日 

シーアールイーは、連載企画「物流インフラプラットフォームNews」の第八弾として、塚本郵便逓送と取り組んだEC物流とユーザーニーズに特化したBTS型倉庫の開発事例を紹介している。

20201218cre 520x322 - CRE/塚本郵便逓送が富山に専用倉庫を新設した理由

塚本郵便逓送は、はぴロジ社の「ASIMS」を導入したことで、事業が10倍以上に拡大。今後も取扱量の拡大が見込まれており、自社倉庫ではスペースが不足することが明らかになったため、はぴロジ社の親会社であるCREから提案を受け、富山の地に新物流拠点としてBTS型倉庫を建築することになった。

記事の中では、交通の利便性やBCPの観点から、なぜ富山に物流拠点を設けたのか、EC物流にとっての富山の魅力を紹介している。

■記事本文はこちら
https://www.logi-square.com/sh/bb17b574dbea

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集