日通/関東甲信越ブロックで組織改正、ユニット制を新設

2021年02月16日 

日本通運は2月16日、現経営計画「日通グループ経営計画 2023『非連続な成長~Dynamic Growth~』」を推進するため、4月1日付の組織改正を実施すると発表した。

改正するのは、まず関東甲信越ブロックに「ユニット」を新設する。関東甲信越ブロック内の直轄部および特定支店のうち以下のとおり、部および支店を廃止または店格を変更し、新設する「ユニット」へそれぞれ統合する。

「ユニット」の新設については、ロジスティクス事業支店とオートモーティブビジネス支店が所管する営業・現業部門を統合し、アカウントセールスビジネスユニットを新設する。

ロジスティクス開発部ならびに首都圏支店が所管する営業・現業部門を統合し、ロジスティクスビジネスユニットを新設する。

航空事業支店、海運事業支店、横浜国際輸送支店、海外引越事業支店が所管する営業・現業部門および首都圏支店が所管する東京コンテナ支店を統合しフォワーディングビジネスユニットを新設する。また、横浜国際輸送支店は特定支店の指定を解き、フォワーディングビジネスユニットの所管とする。

統括部ならびにロジスティクス事業支店、オートモーティブビジネス支店、航空事業支店、海運事業支店、横浜国際輸送支店、海外引越事業支店および首都圏支店が所管する業務支援部門を統合し、ビジネスサポートユニットを新設する。

一般支店格の支店・事業所および営業支店を上記により各特定支店から統合となる各ユニットへ移管する。なお、移管に際して部、事業所を新設し、および一部の部の名称を変更する。

新設する部はアカウントセールスビジネスユニットではアカウント営業開発部、.ロジスティクスビジネスユニットで営業開発部、移転引越部、フォワーディングビジネスユニットで港湾運送統括部、海外引越統括部、内航海運統括部、鉄道貨物部、ビジネスサポートユニットで、総務部、人財戦略部、コンプライアンス部、経理部、業務部、安全品質部となる。

新設する事業所はアカウントセールスビジネスユニット コマツ事業所。

名称を変更する部(変更後)では、アカウントセールスビジネスユニットでオートモーティブ営業第一部、オートモーティブ営業第二部、フォワーディングビジネスユニットで、国際航空貨物統括部、国際航空貨物第一営業部、国際航空貨物第二営業部、国際航空貨物第三営業部、国際航空貨物第四営業部、国際航空貨物第五営業部、国際航空貨物第六営業部、国際航空貨物第七営業部、国際海運統括部、国際海運営業第一部、国際海運営業第二部、国際海運オペレーション部、海外引越営業第一部、海外引越営業第二部、海外引越カスタマーサービス部、国内航空貨物統括部、国内航空貨物第一営業部、国内航空貨物第二営業部、国内航空貨物第三営業部、国内航空貨物特輸部。

特定支店の廃止として、ロジスティクス事業支店、オートモーティブビジネス支店、航空事業支店、海運事業支店、海外引越事業支店、首都圏支店は廃止となる。

組織改正実施の目的を関東甲信越ブロック内に存在する諸機能の役割を次のとおり明確にして強化するとともに、グループの全体最適に向けより大きな統合力を生み出すため、特定支店を集約し戦略的に個別機能を発揮する各ユニットを新設するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集